Googleマップ

スタッフ紹介

総院長のご紹介

友枝 亮

友枝 亮

おもてなしとアンチエイジングを軸に
新しいクリニックを創ります。

歯の健康を守る事は、幸せな人生の為に最も重要な事の一つです。
そのために、健康長寿の達成を目指す「アンチエイジング」医学の考えを導入し、患者様へ適切な医療と情報を提供いたします。
内装、音、接遇に至るまで五感に訴える癒しと「おもてなし」にこだわり、リラックスして通える空間をプロデュースいたします。
とにかく、あなたの歯と健康を守りたい。
患者様の人生や美しさまで診るアンチエイジング歯科医院を目指します。

  • 歯科医師を志すきっかけ

    歯科医師を志すきっかけ

    3代目歯科医師(24歳まで)

    幼少期

    僕は歯科医師の家系に生まれました。
    熊本県熊本市の中心部で祖父、郊外の新興住宅地で父が開業しており、物心ついた頃から常に歯科医院の中で育ちました。遊ぶ場所は診療室や、待合室。スタッフさんは遊んでくれる「病院のおねえちゃん」、患者様にも可愛がっていただいていたことを今でも思い出します。天真爛漫で、すぐに他の人と仲良くなったり、興味がある方に進むので、姿が見えなくなり、母親の心配の種だったようです。

    幼少期

    1歳です。子供の頃は、天真爛漫で、すぐ隣の人と仲良くなる、目を離したらいなくなってしまう子だったそうです。

    3歳、実家、熊本市の友枝歯科医院にて。幼稚園入学の日。歯科医師の父と歯科衛生士の母とともに。登園拒否になって母親を困らせたり、幼稚園で騒ぎすぎて先生から、椅子に縛られたりしていたそうです。

    幼稚園入学式
    思春期

    中高生となり、思春期、反抗期。親へ、社会へ反発しました。
    周りの人たちへ悪いことをしたなと今でも多少後悔しています。「絶対歯医者なんかならない」と思ったこともありました。

    思春期

    15歳、思春期、反抗期の終わりの頃。
    体育祭にて(左が総院長)。

    しかし、進路指導で将来の目標を問われ、これからの進路に迷っていた頃、父が患者様に「ありがとうございます」と感謝されている姿を見てきたことが、いつも脳裏をよぎりました。

    そんな父の姿を思い出すたびに、「数多くの仕事の中でも、人からお礼を言われる仕事は悪い仕事では無いな」と思い至るようになり、歯科医師を志し始めました。

    歯科医師へ

    その後、父、祖父と同じ福岡県立九州歯科大学に無事入学でき、1年の留年を経て7年間で大学卒業、国家試験に受かり、念願の歯科医師となることができました。

    歯科医師

    25歳、念願の歯科医師に。

    「新卒の歯科医師として、一般診療はもとより、当時まだ大学病院では見ることができなかったインプラント治療、ほか矯正治療もできるようになりたい」と大活躍を夢見ておりましたが、「歯科医師を目指して良かった、その通りだった」と思うよりも、自分の無力さ不甲斐なさを感じる毎日を味わう、悩ましい日々を送る事になります。

    なにより一般治療は、父親が出来たのだから、きっと自分にも出来るだろうと思ったことは、大きな誤算でした。

  • 歯科医師になってからの悩みと世界一周での気づき

    世界一周での気づき

    歯科医師を続ける中での悩み

    歯科医師3年目で一般治療をなんとか習得でき、保険診療を任せてもらい、毎日多くの患者様に「ありがとう」と言っていただけるようになりました。
    しかし、日々忙しさの中で、そのありがたみが薄れ、日常となり、迷い苦しむ毎日、歯科医師を無期限で休止をした時期がありました。

    世界一周

    29歳、1年3ヶ月、34カ国、世界一周の旅へ。

    20代最後の頃、仕事の方向性での悩みとともに、何の気なしに行っていた海外旅行こそ自分が好きなことだと気がつきました。仕事をしているとなかなか行くのが難しいため、また30代になったら、本当に腰を落ち着けて仕事を一生涯して行くため、当初半年くらい20カ国を回る世界一周旅行の旅を計画し、旅立ちました。

    しかし、期限の無い予定の無い旅にとても魅力を感じ、結果的には1年3ヶ月、34カ国を放浪することとなります。世界は広く、様々な国を訪れ、驚きと発見で衝撃の連続でした。また異文化に触れ、多様性・美しさ・人・自然を知り、楽しく大変な学びとなりました。

    インドで気づいた人生で
    大切なこと

    お金も尽きて、アジアに帰って、最後に辿り着いた場所はインドでした。
    インドはとても刺激の強い国で、好き嫌いが真っ二つに別れる国だろうと思いますが、僕は本当に行きたかった国に思え、一ヶ月以上滞在しました。

    世界一周

    暑くて貧乏で汚い、ただ時間だけはある。そんなインドの毎日に様々な気づきがあり、ノートにその気づきを書き続けました。 多くの人種、多くの宗教、多くの考え方、人生の中で大切にしなければならないことに気がつく発見の連続。

    そこで5つの大切なこと、これから人生で実践していきたいことを、僕は記しました。
    「愛、平和、尊敬、感謝、笑顔」

    歯科医師の父は正義を教えてくれました。
    僕はこの5つを大切に生きていこう、争いの無い、愛と平和に溢れる世の中に歯科診療の中で作っていきたい。
    この5つが現在の診療方針となっています。患者様にスタッフに、社会に、この5つをもたらすことができるように、働き、クリニックを運営しています。

  • 30代からの再就職・
    気持ちの変化

    30代からの再就職・気持ちの変化

    世界一周を終えて

    そのような長い旅を終え、羽田空港に降り立ち、ヒッチハイクも交えながら、熊本の実家まで戻りました。自分には、やはり歯科医師という仕事しかないことを知り、大学時代を過ごした福岡県で再就職。多少の紆余曲折はありましたが、徐々に仕事が充実していきます。

    変わったのは自分、
    感謝の気持ち

    旅で明日が分からない生活を送ってきたため、毎朝太陽が上ることにも感謝をするようになりました。そして患者様。診療後に「ありがとう」と言ってくださる事に、毎日お顔を見せてくださる事に、感謝をしている自分に気がつきました。あの旅を通して、心の充実とともに、多くの診療をこなせる日々を楽しく送れるようになっていたのでした。

  • 日本アンチエイジング歯科学会のサプリメントアドバイザーの資格取得講座へ

    日本アンチエイジング歯科学会のサプリメントアドバイザーの資格取得講座

    サプリメントアドバイザー資格取得講座からの学び

    そんなころ、当時の上司に誘われて、上記の講座に参加します。30歳を過ぎたばかりの僕は、アンチエイジングの「ア」の字も、サプリメントの「サ」の字も恥ずかしながら知りませんでした。ただただ付いて行っただけだったのです。当時は、「サプリメントって、何かを変える魔法の薬かな?」と、そのぐらい知識がありませんでした。しかし、ここでの学びは、サプリメント、魔法の薬の話ではなく、身体の根本を支えるの栄養学の授業でした。

    「なぜ栄養学、消化管?歯科医師である自分が?」と最初はかなり戸惑いましたが、何日も学びを進めるにつれて、非常に大切な事に気がつきました。

    今まで、歯科治療では、「虫歯を削ること」や「歯石を削り取ること」しか注目してきませんでした。これは多くの歯科医師が一緒です。
    しかし、歯や歯ぐきのことだけ考えていても、本当の意味で歯や歯ぐきを「治す=再生する」には、多くの栄養が必要で、極端にいうと毎日コンビニ食、冷凍食品、ラーメンなどを食べている方は、栄養欠損に陥っているので治りません。

    そんな栄養が重要であることに気づかされた授業でした。アンチエイジングとは美容だけではなく、健康長寿を叶えるために必要なもの。栄養、運動、休養、心…。
    この学びから、徐々に歯の事だけではなく、全身の健康・美しさまで、患者さまの人生を見据えたご説明・ご提案のできる歯科医師を目指すことになり、今につながっています。

    心理学の学び、
    分院長に就任して

    そのような頃急遽、医院の事情から、その職場のトップ、分院長という立場を拝命いただきました。特に希望はなかったのですが、お願いされるのであれば応えたいと、使命感でその立場につきました。当時32歳、急に部下が20人ほどになりました。

    分院長に就任

    33歳、分院長となり20名近くの部下を抱える。

    ところが、従業員の中から「あの人にはついていけない。私たちがやめれば他の人も辞めるかもしれない」などと自分を批判する声が聞こえてきました。

    気がついたのは、それまでの充実した仕事は、気の合う3、4人のチームで行っていたということ。患者さまに喜ばれる結果を効率よく出せていたということ。自分は悪くない正しいことをしている。

    自分にとって、周りからの批判は心外で、始めは怒りや悲しみ、苦しみを感じましたが、次第に「自分に問題があるのではないか」や「自分が変わらないといけない」と気づき、「みんなと一緒に仕事をしていくってなんだろう?」、「自分はコミュニケーションとは気の合う人と楽しく盛り上がってしゃべれることだと勘違いしていた」、「多様な人とのコミュニケーションを学ばなければならない。そして、この組織の皆を幸せにして、満足させなければ、患者様を幸せにすることができない」と悩みながら、体当たりでスタッフ達と関り、泣き笑いながら過ごしていました。

    衛藤先生との出会い

    分院長になって半年ほど経った頃、日本アンチエイジング歯科学会ビューティーアドバイザー講座に参加しました。
    こちらの講座は大阪で2日間、タレントとしてご活躍されている元モデルのアンミカさん、料理研究家のコウケンテツさん、元プロスポーツ選手、理美容専門学校の校長先生など、様々な世界のトップでご活躍されている方が、それぞれのお仕事のお話をしながら、歯やアンチエイジングについて語るという、とても豪華でユニークなものでした。

    そのような中で「心に美しさが必要だ」とお話しされたのが、日本メンタルヘルス協会代表心理カウンセラー衛藤 信之 ( えとう のぶゆき )先生でした。
    多角的に美を学ぶ中、心の話、心理学、話に引き込まれました。気づいたときには、流れる涙で、周りが見えなくなっていました。初めての体験でした。この先生に学ぼうと決め、日本メンタルヘルス協会への入会を決意しました。

  • 出会いをきっかけに、日本メンタルヘルス協会の心理学講座へ

    日本メンタルヘルス協会の心理学講座

    驚きと学びの連続の日々

    日本メンタルヘルス協会に入会してからは、交流分析・心理検査・催眠・絵画療法・恋愛心理学・カラーの心理的影響・トランスパーソナル心理学などの数十の講義を受講しました。
    どれも驚きと学びの連続で、いかに自分が偏ったものの考え方をしているのか、他人は多様であるということを知りました。

    10人いたら10通りのコミュニケーションがある、自分はワンパターン、ただ感情のまま、本音で話せば伝わると勘違いしていました。その手法を改め、互いに分かり合うにはどうしたらいいのかに努めました。

    その結果、徐々に職場のスタッフと円滑にコミュニケーションが取れるようになり、いつしか、最高のチームを作ることができました。 また、患者様とのコミュニケーションも更に上手くいくようになり、多くの方を健康で幸せに導くことができ、仕事は更に充実することとなりました。

    もっと歯医者を
    身近に感じてもらいたい

    そのような事が数年続き、次の段階を考え始めました。

    患者さまも十人十色、歯に対する価値観も様々。歯や定期検診の大切さは薄々感じているものの、多くの方は痛い時だけ歯医者に行く。 国民の2割しか定期検診に通っていない。歯医者のイメージは「痛い・怖い・感じ悪い」
    この歯医者へのネガティブなイメージを払拭すれば、もっと歯医者へ通ってくれるのでは?

    より自分の思いを叶えるために、開業を考え始めます。
    しかし“歯医者はコンビニよりも多く、経営的に難しい”と言われており、不安が先に立つ部分がありました。

  • 開業を決意するきっかけ

    開業を決意するきっかけ

    東日本大震災での
    支援を通して

    そんな中、2011年、日本を未曾有の災害が襲います。東日本大震災。テレビの中で初めて見たその津波の光景は、映画の特撮のような、現実感のない、とても恐ろしいものでした。

    「災害の支援がしたい」と言う方々のお誘いをいただき、薬院駅、中央区平尾近辺でチャリティーセミナーを開催、集まった参加費を被災地に送ることになりました。

    女性のためのセミナーに登壇された講師の方々は、“元ハリウッドで活躍されていた先生のメイク講座”“教育委員会のトップの女性による読み聞かせ”など、とても面白いものでした。それに比べて、僕が話せるのは“歯周病と全身の健康”。とても真面目で、つまらないお話しです。少し失敗したなーと思いました。

    しかし、お話しした後で、「とても良かったです」とおっしゃってくださる方々がいらっしゃいました。 安心とともに、気がつきました。

    このような話を面白いと思ってくださる方が、いらっしゃるのであれば、どんなに開業が厳しくても開業を考えるべきではないのか?
    そのような方々にいらっしゃっていただける、より高度な情報を伝え、自分が受けたい高度な治療を受けられるクリニックを作り、そんな方々と人生を歩む事が、自分がやりたいことなのではないだろうか?

    この地区は日本でも有数の大変な激戦区、歯科医院はコンビニより多い。潰れる可能性もある。
    しかし経済的に厳しくても、一生する仕事は、同じ健康価値観の患者さまと一緒に、全身の健康、美、予防を考えていきたい。
    そして世の中を変えていきたい。その先はインドでの気づきの5つ、“愛、平和、尊敬、感謝、笑顔”が溢れる世界を作っていきたいと思いました。

  • 考え抜いた医院の理念・
    コンセプト

    考え抜いた医院の理念・コンセプト

    こうして、自分の志を実現する開業を決心します。
    開業における理念、コンセプトを考え抜きました。

    理念「おもてなし」

    歯医者が苦手な人でも安心して笑顔で通えるクリニック。よりよい治療が選べるクリニック。

    ビジョン「アンチエイジング」

    歯の健康は、美、全身の健康、健康長寿に繋がっていることをお伝えし、叶える事ができるクリニック。

    診療方針
    「愛、平和、尊敬、感謝、笑顔」

    6年勤務した職場を退職させていただき、
    2013年4月、福岡市中央区平尾の地に、友枝歯科クリニック平尾を開業する事ができました。

  • 開業して8年、分院2年の現在

    開業して8年、分院2年の現在

    少しずつ患者様が
    増えていき…

    今では笑い話ですが、開業後、3年ほどは、認知されず、スタッフとともにビラ配りをしていたこともあります。噂に違わず、厳しい開業でした。

    しかし、少しずつ「こんなクリニックがあるんだったら私でも通えそう」とおっしゃる患者様が増えてきました。
    とても変わったコンセプトのクリニックだと思いますが、ようやく多くの方の健康美をサポートできるようになりました。 そして2019年に分院である、友枝歯科クリニック博多駅前をオープン。更に多くの患者様にお越しいただけるようになりました。

    8年前の本院開業時は、スタッフ2名、診療台2台からスタートしました。 2021年6月現在、2院合わせて、スタッフ22名、診療台は11台となりました。

    患者様への思い

    絶えず知識、技術の研鑽を積み、その時点で提供できる最適な医療をご提案、ご提供します。そして、伝えるコミニケーション力も向上させ、「来てよかった」と思っていただけるようなクリニックを創造します。

    また、当院から、社会への情報発信。当院で歯の大切さを知っていただいた患者様が、ご家族や周りの方に伝えていただける事。 そのような行動から、少しずつ多くの方の健康美が実現していくと考えています。

    スタッフ育成への思い

    厳しい世の中を生き抜いていくために、たくましく生きる力を身につけて欲しい。
    そして、育ててくれた社会に恩返しをしていって欲しい。

    今の日本のように、平和が続いている国は、世界にはありません。
    自分の事だけしか出来ない人は、危機迫るときに生き抜く事が難しい。

    平和なときに他人の事まで世話をして行動できる人は、危機が訪れたときに、自分のことぐらいは何とかできるのではと考えます。そしてまた人を救い出すでしょう。

    スタッフ自身の幸せの為にも、社会の為にも、人のお役に立て、世の中に対する恩返しのできる人材を育成したいと思っています。

  • スタッフ育成において現在、
    こだわっている取り組み

    スタッフ育成において現在、こだわっている取り組み

    ミーティング

    毎週行われる、皆が発言をする風通しのいいミーテイングを重ねる事で。自主性を養い、考える力、行動力、挑戦し続ける力を身につけて、一緒に運営をしていきます。

    おもてなし研修

    人間の根幹を教え、人としての在り方人間力を身につけてもらっています。
    人の多様性をあらゆる角度から知り、心理学・マナー・コミュニケーションを学び、人と人とを繋げる人財を育てていきます。

  • 引退する時どうなっていたい?

    引退する時どうなっていたい?

    死ぬまで
    仕事を続けていきたい

    死ぬまで仕事をしていると思います。引退は無さそうです。

    体力的な問題から臨床からはある程度、身を引き、若く優秀な歯科医師の育成を行います。
    また、コンサルティングやセミナーをして、より多くの人に歯と健康の大切さを伝えて、よりよい世の中を実現させていきたいと思います。

  • これからの展開について

    これからの展開について

    日本の歯科医療を海外へ

    分院展開以外にも、歯科診療を軸とした事業で、海外へ繋がる仕事を創造したいと考えています。
    世界の人々、日本の人々、目の前の患者様、スタッフ、歯科業界への貢献に繋がるような事業を行いたいと思っています。

  • 何故、
    海外へ事業展開するのか?

    何故、海外へ事業展開するのか?

    お世話になった人たちに
    恩返しをしたい

    歯科という仕事を使って世界と日本の橋渡しする事で、世の中に対する恩返しを行いたい。海外でも、さまざまな形でたくさんの方にお世話になりました。

    今の自分があるのは、日本は元より、海外での経験、気づきが軸になっています。
    そのことに自分なりの形で報いていくことが、より多くの方の幸せにつながるような仕事を行う事を大切に考えています。

略 歴

  • 2001年 福岡県立九州歯科大学卒業後、
    数ヵ所の歯科医院勤務
  • 2009年 日本アンチエイジング歯科学会 認定医
    福岡市内の歯科医院にて院長を務める
  • 2012年 日本メンタルヘルス協会認定
    基礎心理カウンセラー
  • 2013年 友枝歯科クリニック平尾 アンチエイジング
    研究所 開院
  • 2015年 日本アンチエイジング歯科学会 理事
  • 2016年 医療法人L0VE&SMILE設立 理事長就任
  • 2017年 日本抗加齢医学会 専門医
    日本口腔インプラント学会・会員
  • 2018年 インビザラインドクター・ライセンス取得
  • 2019年 友枝歯科クリニック 博多駅前 開院

資格等

  • 日本アンチエイジング歯科学会 認定医
  • 日本アンチエイジング歯科学会 理事
  • 日本抗加齢医学会 専門医
  • 日本口腔インプラント学会・会員
  • 日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー

患者さま満足度調査を導入しています。

少しでも患者さんにとってより良い歯科医療を提供するため、第三者機関に依頼して患者さん満足度調査を行っています。当院に関する率直なご意見を頂いております。

日本歯科医療評価機構 日本歯科医療評価機構

院長のご紹介

平尾 真子

平尾真子

患者さまには、一人一人それぞれ違う背景が
あり、当院に来られます。

その事を理解した上で、全ての患者さまを、自分の大切な家族だと思って接することを心がけています。

私は患者様の口元を、より美しく輝かせることにとても喜びを感じます。
お口の健康は、全身の健康を守るうえで欠かすことができません。

そのお口の健康を守るために虫歯治療はもちろん、歯周病治療、インプラント、矯正など様々な方法があります。

その中で患者様にあった最善の治療を分かりやすく提案・提供し、お互いに満足できるよう日々、知識と技術、寄り添う力を磨いております。

略 歴

  • 福岡県立筑紫丘高校 卒業
  • 広島大学歯学部口腔保健学科 
  • 九州歯科大学歯学部歯学科 卒業
  • 九州歯科大学付属病院歯周病科にて研修
  • 福岡県内の歯科医院にて勤務
  • 友枝歯科クリニック平尾 勤務
  • 友枝歯科クリニック平尾 院長に就任

趣味

  • 旅行
  • ウィンドウショッピング
  • スポーツ観戦

特技

  • ピアノ
  • 笑顔

歯科医師

新井 基央

新井 基央

高いレベルの知識と技術を磨き、常に安定した穏やかな心で、患者様に寄り添えるよう日々診療しております。
口腔外科認定医として、産業医科大学病院での5年間の経験を活かして、口腔癌をはじめとする、口腔粘膜疾患の診断を行い、早期発見、早期治療を行う事が出来ます。 安心して、口腔癌検診、受けてみてください!

略 歴

  • 産業医科大学病院にて勤務(口腔外科専修医 ・麻酔科非常勤医)
  • 福岡県内の歯科医院 勤務
  • 友枝歯科クリニック平尾 勤務

資格

  • 日本口腔外科学会認定医

歯科医師

大林 佑子

大林先生

私は大学卒業後、口腔外科にて研修を積み、口腔と全身の健康への関わりについて学んで来ました。患者様に最善の歯科治療を提供できるよう日々研鑽しております。患者様お一人お一人の美しさを活かし、全身の健康につながるサポートが出来るよう努めております。何かお困りごとなどございましたら、お気軽にご相談ください!

略 歴

  • 九州女子高校 卒業
  • 福岡歯科大学口腔歯学部 卒業 
  • 熊本大学医学部附属病院歯科
    (歯科口腔外科 後期研修医採用)
  • 福岡県内の歯科医院にて勤務
  • 福岡歯科大学大学院歯学研究科歯学専攻
    博士課程(口腔腫瘍学分野)修了

資格

  • 日本口腔外科学会認定医
  • 歯学博士

趣味

  • グルメ
  • 散歩