Googleマップ

審美歯科へのこだわり

審美治療メニュー

オンライン相談受付中
セラミック治療
当院での虫歯治療は、ただ虫歯の再発を防ぐだけではなく、審美的に美しくいたします。
ホワイトニング
歯の白さ、輝きが増すと、お顔が明るくなりきれいに見えます。
目立たない矯正
当院の矯正は、目立たない矯正。お顔の印象を決める歯並び、矯正するなら今がチャンス。
咬筋ボツリヌス注射
歯ぎしり、食いしばり、そこからくる肩こり、エラ張りまで改善します。
ガムピーリング
白く美しい歯は、健康なピンク色の歯肉でより美しく輝きます。
ヒアルロン酸
歯の治療とともに、口元、お顔のバランスを考えながら、ヒアルロン酸注射を行います。

審美歯科とは

見た目の大切さ

見た目の大切さ

歯並びや、歯の形、色で顔の印象が決まるって本当でしょうか?なぜなら口元は、表情をつくる上で重要な役割を果たすからです。
特に、 笑顔において歯並びの状態は、その印象を決める大きなポイント。あなたは、歯や笑顔に自信はありますか?

人は見た目が9割」と申します。また第一印象は6秒で決まるとも言われています。
なぜなら、遠い昔、まだ人間が動物だった頃、初めて出会った相手を一瞬で味方か敵か見分けることは、生死に関わることだったからです。

その本能的感覚は、今でも機能しており、私たちは、第一印象に深く左右されます。
一度得た印象を覆すことは、とても大変なことです。

その第一印象の大部分は表情から来ています。そして、顔の中で清潔感を表す白く輝く場所は、目と、歯を含めた口元です。

さらなる美しさを目指す女性も、ビジネスマンの男性も、よりよいコミュニケーションのために歯はとても重要だということがお分かりいただけると思います。

歯の美しさとは

歯の美しさ

歯は、ただ白ければいいのでしょうか?

歯や歯並びには、その人にあった個人個人の美しさがあります。
その美しさを私たち歯科医師は、一つ一つの歯は元より、歯並び、歯ぐき、唇、口元、顔の形、骨格、性別、なんと性格まで考慮して、作り上げていくのです。

健康美は土台から

健康美は土台から

また、歯を作り上げる上で、最も重要なポイントは、歯ぐきを含めた、周りの組織の健康です。
よって丁寧に歯周病治療を行い、歯ぐきの健康を得ることが必須になります。

よくない地盤の上に、見た目だけ立派な家を建てても、崩れ落ちるのと一緒で、地道な土台作りが長く続く健康美を獲得する最も重要なポイントになります。

美しい歯、口元を見たときに、人は、健康美を感じています。

審美歯科とは、ただの美容ではありません。全ての健康と美のバランスを考慮し、獲得した中で成り立つ最も難しく、興味深い歯科の分野なのです。

当院の審美歯科の特徴

美しさと健康を追求した治療

美しさと健康を追求した治療

私たちは、病気を治し、健康をサポートすることが第一の仕事です。
しかし、歯科治療において、健康と同じくらい重要なことは美しさです。

美しさに対する興味が薄れるときに、健康への興味=健康価値観が薄れてしまう患者様を多くみてきました。同じ歯科治療の中にも、美しさに欠ける治療もありますが、様々な経験を重ねるうちに、できるだけ美しさを備えた治療をご提案するべきだと考えるようになりました。

同じ歯科医師であった父親からは、幼い頃から、美しいものを見て審美眼を養うように言われて育ちました。

普段から美に対する感覚を養い、その方にあった審美治療を提供し、継続できる健康美を獲得する。
皆様が美に気がついて、キープしたいと思っていただけることが、また健康をキープすることにつながると考えています。

全ての患者様をより美しく、より健康に

全ての患者様をより美しく、より健康に

当院は、審美歯科を、美しさを追求する方は元より、より健康な生活を送りたい方、病気になりたくない方、全ての方に必要なものと考えております。

お一人ひとりに合わせた治療

お一人ひとりに合わせた治療

審美歯科といっても様々な治療があります。セラミック治療(セラミックの被せ物など)、ホワイトニング、歯並び矯正、ダイレクトボンディングなど。

ご希望を伺い、歯やお顔のお写真、レントゲン画像から、最適な治療計画を立て、ご提案、ご相談させていただきます。

審美歯科の選び方

いつ行くのがいいのか?

いつ行くのがいいのか?

綺麗にしたいな、健康に気をつけたいなと思ったときが、よいタイミングです。

どこで行うのが良いか?

どこで行うのが良いか?

総合的に歯、口元を診ることができる歯科医院がより望ましいです。

当院では、一般的な歯科治療だけではなく、矯正歯科、インプラントを含めた口腔外科、全身のエイジングケアを含めた抗加齢医学を元に、常に研鑽。
総合的な観点から審美歯科治療をご提案しています。